研究室紹介

研究の概要

私たちの体では、ナンセンス変異(タンパク質の翻訳が途中で終わってしまう変異)が存在するmRNAを積極的に分解排除する、mRNA監視機構を有し、正常なmRNAとタンパク質の発現を保証しています。一方で、この機構はがん抗原をコードする変異mRNAや、途中まででも機能を有するタンパク質をコードする変異mRNAも分解してしまいます。私たちの研究室では、mRNA監視機構の活性が生体内で調節されるメカニズムを、特に細胞ストレスとの関係を中心に理解し、新たな希少遺伝性疾患治療、がん治療法の開発につなげています。また、RNA転写後制御機構であるmRNA監視機構の基礎研究で培った技術基盤を用いることで、様々な疾患の治療・予防法の開発につながる研究を展開することを目指しています。

大学院生・学振PD募集中

私たちの研究室では、臨床応用を見据えた基礎研究を行う、学振PD、大学院生、医師、研究生を募集しています。生物を学んでない分子生物学初心者、情報系学部出身者も歓迎します。医学科、保健学科学生の研究室参加も応援します。

興味のある方はいつでもメールでご連絡ください。

akyama21<at>med.u-ryukyu.ac.jp

 

大学院:

-琉球大学大学院 医学研究科

令和3年度入学は令和2年8月上旬[1次募集]、令和3年1月中旬出願[2次募集]でした。令和4年度入学については、以下の「医学研究科」の所を確認してください。

 琉球大学 大学院入試情報

 

学振PD:

-日本学術振興会 特別研究員 募集要項

令和4年度研究員電子申請:令和3年2月中旬~6月10日(木)17:00